方言で声を出す風俗嬢

数年前に地方に出張に行ったことがある。僅か数週間の滞在であったが、風俗ライフを満喫するには十分な時間があった。全くノーマークな地域だったので、まずは出張先の従業員に話を聞いてみた。すると..どのあたりにお店があるかはすぐに分かったのだが、良いお店の情報がイマイチ分からない。

なので、地元のタクシーに乗って運転手の話を聞いてみることにした。すると、風俗嬢を何度も乗せたことがあるという年配の運転手にアドバイスを受け、恐らくかわいい子が最も多いと思われるお店を見つけることが出来た。

早速入ってみたのだが、風俗のお店ではなく小料理屋のような変な感じのお店だった。銭湯のような雰囲気もあって中々フレンドリーな感じがする。子供が走り回っていてもおかしくないような店構えで、結構カルチャーショックだった。

空いている女の子が一人だけいたのですぐにお願いした。現れた子は割とぽっちゃり系で胸が大きくて柔らかそうだった。話をしながら少しずつリラックスしていくのがいつものペースと言っていたが、すぐにブラジャーを脱がせて顔を埋めてみた。

結構気持ち良いので、何度も胸をいじったり、全裸にして足を大きく広げて田舎の風俗嬢をチェックをしていたら、聞いた事の無い言葉で声を上げ始めた。聞き慣れない方言が妙に興奮してしまい、いつまでもいじりまくっていた。そして腰を振りながらピクピク震えてる中に突きまくったら意味不明の方言で更に声が大きくなった。

地方の風俗嬢は違った楽しさがあると分かって有益だった。

サブコンテンツ

カテゴリー

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031